Posted on

 さてさて元からの友人にはこのように特に何も気遣わず話す事が出来ましたが、社内の人間にも話すとなると同じようにはいきません。
 もちろん、あのオフィス全体に響き渡るような、聞いているだけで気分が悪くなるパワハラを毎日聞いておいて、それを一緒に楽しんでいるような人は少数派であり、社長に対して良い印象は持っていない人が多数派だと信じてはいますが。
 現に、初期の頃にガッツリ怒鳴られて泣かされて、そこで辞めようと思った……なんて声も、人伝とはいえ聞いているので、私と似たような体験をした人は一人二人では無さそうです。
 しかし自分の立場を気にして告げ口をする人も居るのが現実だと思っているので、あまり多くの人に言いふらすのは得策とは言えないでしょう。
 それに私自身が口の軽い人と思われてしまう可能性もありますしね。
根も葉もない悪口をばらまいていると思われては逆効果ですから。
 なので打ち明けるのは1人か2人に絞るのが妥当かと思います。
 という訳で私の場合は、プライベートでも少し仲良くしている、同僚と友達の間ぐらいの……もう友達で良いですね、その人に愚痴ることにしました。
 あくまで愚痴の範疇ではありますが、それでも社内で孤立しているわけではないという実感を得られたのは大きかったです。
 それからもう一人……先にも少しだけ触れましたが、手術の事も話した男性社員。
 まだ話してはいませんが、近々社外で会う予定があるので、その時に思い切って打ち明けてみようかと思います。

 それから、あまり計算と思わないで欲しいのですが、いわゆるお局様と仲良くしておくに越したことはないと思っています。
 お局様と表現すると良いイメージが無いかも知れませんが、単に長く務めていて仕事も一番出来て、皆に好かれるタイプの……大先輩と表現した方が良かったかもしれませんが。
 私は幸いにも彼女に可愛がってもらえている(と信じたい)ので、こういった事がある前から損得勘定抜きに普通に仲良くしたいと思っていただけに、これはチャンスと思いました。